世田谷区で子育てしてます。07年春より幼稚園ママ生活に突入★子育てが毎日晴れになるといいなぁ~ 世田谷区で子育てサロン『このゆびとーまれ♪』を主催しています。


by otenki-boya

4-19 『ゆびとま♪』4月開催の報告

今日は 子育てサロン『このゆびとーまれ♪』の4月開催日 でした♪

今日はまず イベント その1『子どもの身近な怪我と安全』 について を区の保険師さんお二人から授業形式でお話いただきました。

f0015381_525164.jpg
用意いただいた資料 3点 と 誤飲チェッカー






【お話頂いた主な内容】

・突然の発熱・病気・怪我の時の連絡先・質問先 のお話
・幼児期におきやすい事故
・傷の手当てについて (救急箱の中身はどんなもの?等)

その中でも興味深かったのは すり傷等の手当て
怪我をすると 昔は 水で洗って → 消毒 → 乾燥 が良い とされてきた手当てですが、最近は 乾燥させるよりも『湿潤』のほうが傷口の治りが早く&傷跡が綺麗! ってことでした。

【教えていただいた手当て方法】
水でよく洗い流す → 水分をふきとり、バンソコウで覆う! (これでいいらしい☆)

消毒薬の利点は ばい菌をやっつけ感染を防ぐことですが 悪い点として 浸出液内の傷を治そうとする働きを阻害してしまう点 らしいです。

そういえば、、、前にも書いた『キズパワーパッド』もかなり長い説明(バンソコウなのにA4用紙裏表くらいの説明があり、その中に 傷から出てくる『白い液』が傷を早く治す・・・ってかいてありました。保険師さんも言われてたけど、昔はこの『白い液』をふき取ってた んですよね。。。

『キズパワーパッド』記事 はこちら →→→『キズパワーパッド』

f0015381_5394660.jpg
『誤飲チェッカー』大の紙 が配られました。
ご家庭にある「ラップ芯」の大きさと考えて頂ければ いいです。
写真:配られたチェッカーとラップ芯

f0015381_542139.jpg
あと 『幼児視野体験めがね』 も実際にかけさせて頂きました。
子どもって視野が狭いから 横から来る 車や自転車に気づかないのかもしれません。

f0015381_544242.jpgf0015381_544895.jpg






参考になさってくださいね。

保険師さんのお話の間も 子ども達が賑やかで 聞き取れない&(私は特に)自分の子どもに目が要って聞いてるどころでない 状態に近かったです。。。が 、参加者の皆さんはいかがでしたか?

保険師さんと前もって打ち合わせをさせて頂いたとき
「子ども達も楽しくてかなり賑やかに遊んでますので マイクあったほうがいいですよね?」
とお聞きしたところ
「ざわざわ賑やかなところで話すのなれていますから 平気ですよ」
と言われたけど・・・・・
保険師さんも声大きく出さないといけないし・・・参加者の皆さんも聞き耳立ててやっと・・・状態でしたよね。。。
やはりマイクあったほうが子どもに目が要ってても 耳に入るので良かったかもしれません。。。(今後同じような機会あったら考えますね)


    ********  グループでの話し合い  *********

その後 グループ3つに分かれて 経験談を話し合いました

『ゆびとま♪』は できるだけ参加型を取り上げていきたいの と 異年齢のお子さんを持つママとのコミュニケーションもとりたいと思っています。
そこで初めての試みですが、異年齢グループになるよう 受付時にスタッフでグループ分けをさせていただきました。

(参加者の皆さん この試みいかがでした?今後の参考にしたいので ぜひ意見をコメント頂ければ嬉しいです) 

私が入ったグループは 0歳児2名 1歳児3名 2歳児1名(私) 3歳児1名 のママで構成されていたと思います。(私は 座っていない我が子についていたので話は半分くらいしか聞けませんでした。)
f0015381_61613.jpgf0015381_61115.jpg
グループでの話題は 『怪我・安全対策・事故』の経験談


グループで話した内容は

①自己紹介・子どもの年齢等     ②今までで「ひやっ」としたこと
③印象にのこっている怪我・病気   ④家庭での安全対策・工夫等


を話したと思います。

うちの坊ちゃんは つかまり立ちの頃(7,8ヶ月)置いてあった台に乗り、自分の胸以上の高さまである「出窓」に懸垂で登ったことがあります。もちろんジャンプもはずみ もつけれない年齢なので まさに 『腕・腹筋』力のみ!
しかも(どうするか一部始終見てました) 「ヒィーーー」とか悲鳴をあげながら顔真っ赤にしてまで 懸垂してのことです。登ったら満足そうな顔してましたが、、、こんなことあるんです。。。
小さい子どもが窓から落下する事件ありますよね。
子どもって ホント 計り知れない力をもってます。見てなかったら・・・と考えると未だ怖いです。

ほかに 「(子どもは頭が重いので)公園の滑り台途中で頭から落ちそうになった」「ドライアイスをさわってしまった」など・・・我が家で経験していない 体験談を聞くことができ とても勉強になりました。


           ************* こいのぼりつくり  *************

そして イベント その2  『親子で「こいのぼりをつくろう f0015381_6135860.jpgf0015381_614516.jpgf0015381_614138.jpgf0015381_6144385.jpg

材料は  画用紙(大・中・小×2)・割り箸2本・シール
を使って 「消しゴムはんこ」や「クレヨン」「シール」で 『うろこ』を作成してきます。

みなさん オリジナルな「こいのぼり」を作ってました♪
子ども達も喜んで振り回して?いました。

f0015381_6171225.jpgf0015381_6171717.jpg






今日 参加下さった皆さん ありがとうございました♪

次回の『ゆびとま♪』 5月10日(水) は

親子で クラッシクコンサート♪
         プロでご活躍されている方をお迎えします
          『音楽に合わせて 体を動かそう!』
          『手遊びうた♪』
          『ミニ クラシック コンサート♪』 等


を予定しております。
皆様の参加お待ちしてまーす♪        
                      スタッフ一同
by otenki-boya | 2006-04-20 07:08 | 子育てサロンゆびとま♪